ワンちゃん(犬) 2021.09.09

犬のノミ予防対策!ノミが発生する原因は?

犬のノミ予防対策!ノミが発生する原因は?
「犬のノミ対策はどうすればいいのだろう…」犬を飼うと知っておかなければならないことの一つに、ノミの予防対策があります。今回は犬のノミ対策をテーマにお届けしていきますので、これから犬を飼い始める方や、犬を飼ったばかりでノミについて詳しく知らない方は、是非ご覧ください。

犬に寄生するノミについて

犬に寄生するノミの種類のほとんどがネコノミというもので、体調は1~3mmと非常に小さく、褐色の体をしています。ノミが見つからなくても、ゴマ粒のような黒い糞や卵を発見することで、ノミが寄生している可能性があることを判断できます。

犬にノミが寄生してしまう原因について

続いて、犬にノミが寄生してしまう原因について見ていきましょう。
・散歩によるもの…散歩で草が多く生えている場所に滞在することで、ノミが犬の体に寄生することがあります。
・予防薬を使用していない…ノミの予防薬を使用していないと、犬に寄生してしまう可能性は高くなります。
・他の動物によるもの…ドッグラン等で他の犬と触れ合ったり、外を出入りしている猫から寄生することがあります。
このように室内で犬を飼っていたとしても、上記などの理由からノミは寄生してしまうことがあります。

ノミの寄生による症状と問題点

ノミは吸血するため、寄生された犬はかゆみの症状があらわれてしまいます。また、ノミは犬だけでなく、猫などの他の動物にもうつることがありますので、注意が必要です。さらに、人にもうつってしまう可能性がありますので、何より予防することが大切と言えるでしょう。

ノミの予防対策について

犬に寄生するノミの予防対策としては、やはり動物病院で処方される予防薬や駆除薬を使うことが一番の選択になります。また、ノミを発生・繁殖させないためにカーペットやマット、ベッドなど、犬が過ごす身の回りをきれいにしたり、部屋の風通しをよくしたりしましょう。ブラッシング時、お手入れをしながらノミがいないかを普段探すようにすると、ノミの寄生を早期発見することができるでしょう。

気を付けるべきこと

もし、ノミを見つけた場合にはむやみにつぶさないようにしましょう。つぶしてしまうと、ノミの体内にあった卵が散乱してしまう可能性があります。先述したように、動物病院での処方薬が一番ですので、ノミを見つけた場合には病院に相談しに行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回の内容としては、
・犬に寄生するノミの種類のほとんどがネコノミ
・散歩や予防薬を使用しないことでノミに寄生されてしまうことがある
・犬のノミ対策としては動物病院で処方される予防薬や駆除薬を使うこと
以上の点が重要なポイントでした。犬を飼われたばかりの方の中には、ノミ対策なんて必要あるの?と思っていた方もいるかもしれませんね。しかし、ノミ対策は重要ですので、今回の記事を参考にしていただければと思います。

当メディアを運営するピュアラックスは「獣医さんが認める」健康志向のドッグフードを販売しています。
おかげ様で多くの喜びの声をいただいております。お客様の声はこちら ≫

お客様の声

お客様の声