ワンちゃん(犬) 2021.06.29

子犬にしつけ教室は必要か?しつけ教室に通うメリットについて

子犬にしつけ教室は必要か?しつけ教室に通うメリットについて
「子犬を迎え入れたが、しつけ教室は必要なのだろうか…」
初めて犬を飼う場合、しつけをどうしたらいいのか?どういう風に暮らしていけばいいのか?など多くの疑問があると思います。そこで現在、しつけ教室を検討されている方もいらっしゃるでしょう。今回は、子犬にしつけ教室は必要か?しつけ教室に通うメリットとは何か?という点をテーマにお届けしていきます。

犬のしつけ教室とは?

犬のしつけ教室は文字通り、犬のしつけを行ってくれるサービス、施設のことを指します。成犬になってからしつけを覚えさせるのは大変であるという理由から、子犬のうちに通わせるのが一般的です。

預かり訓練について

犬のしつけ教室のなかには預かり訓練を実施しているところもあり、決められた期間犬を預け、集中的にトレーニングをしてもらうことが可能です。ただし、一定期間預けるため、1カ月6万円程の費用が必要になってきます。

子犬にしつけ教室は必要なのか?

子犬にしつけ教室は必要か否かという点は、可能であれば通わせるのが良いと言えます。なぜなら、子犬がしつけを覚えてくれるという利点だけでなく、飼い主が正しいしつけ方法を学ぶことができるからです。しつけは飼い主も心得ておかなければなりませんので、しつけ教室で覚えたものは、生涯役立つことでしょう。

しつけ教室に通うメリットについて

しつけ教室に通うメリットは、飼い主がしつけを心得ることができる以外に多くありますので、それぞれ見ていきましょう。

犬の社会勉強になる

犬を飼えば散歩のときに多くの犬と出会い、他の犬と戯れることができるドッグランデビューをする日も来るでしょう。しつけが出来ていなかったり、犬の社会を勉強していなければ、他の犬に吠えたり執拗なマウンティングをしてしまったりしてトラブルの原因になってしまいます。しつけ教室では、たくさんの犬と子犬の内から交流ができるため、社会性を身に着けることができ、犬同士のトラブルを防ぐことができます。

問題行動の改善・相談が可能

噛み癖や無駄吠えなどの問題行動は、成犬になってからの改善が難しいだけでなく、ご近所トラブルや怪我などにつながってきます。「犬が赤ちゃんに大きな怪我を負わせてしまった…」等のニュースを聞いたことがあるかもしれませんが、特に大型犬の場合には怪我の度合いも大きくなってきますので、しつけをしっかりする必要があります。問題行動を起こさないためにも、相談先を作るためにも、しつけ教室が存在すると考えても良いでしょう。

犬について知ることができる

初めて子犬を迎え入れる場合には、犬について知らないことが多いことでしょう。しつけ教室に通うことで、ドッグトレーナーからだけでなく、同じ子犬を飼う飼い主同士で情報交換ができ、犬について深く理解することができます。犬に口にさせてはいけない食べ物や、してはいけない行動などは多く存在しますので、そのような知識を得るためにもしつけ教室は大いに役立つことでしょう。

まとめ

今回はしつけ教室に通うメリットを取り上げましたが、そのメリットから、しつけ教室に通わせようという気持ちになった方も多いのではないでしょうか?犬と人間が共存して生きていくためにはしつけが必要であり、正しいしつけを身に着けるお互いの幸せにもつながります。しつけをしっかり覚えてもらい、ピュアラックスのドッグフードで健康に気を遣いながら愛犬との暮らしを充実させましょう。

お客様の声

お客様の声