ワンちゃん(犬) 2021.05.20

ドッグカフェでの愛犬マナー!はじめてドッグカフェを利用する方は必見!

ドッグカフェでの愛犬マナー!はじめてドッグカフェを利用する前には必読!

今回は、「ドッグカフェでのマナー」をテーマにお届けしていきます。
ドッグカフェや犬も連れていけるカフェのテラス席をはじめて利用する前に、マナー違反にならないためにも知識を得ておきましょう。また、普段ドッグカフェを利用されている方も、もしかするとマナー違反となる行為をしているかもしれませんので、ぜひご覧ください。

そもそもドッグカフェとは?

ドッグカフェとは、文字通り犬と同伴することができるカフェのことで、基本的に犬が入ることができる点以外は通常のカフェと特別な違いはありませんが、犬専用のメニューも用意されていることが大半です。犬や飼い主同士でコミュニケーションをとることができる場所ですので、それぞれの飼い主がマナーをしっかり守る必要があります。

ドッグカフェでのマナーについて

それでは早速ドッグカフェでのマナーを見ていきましょう。

リードは必ず着用する

犬が他の犬のところで走っていってしまう可能性や、食事の邪魔をしてしまう恐れがありますので、必ずリードを着用しましょう。基本的には、席の足元や近くにリードを止められるようになっているかと思います。

無駄吠えをさせないこと

ドッグカフェと言っても食事をする場所ですので、他の方の迷惑になる無駄吠えはさせないようにしましょう。吠えてしまう時のために、膝にのせて落ち着かせられるようにマットやブランケットを用意しておくことをおすすめします。

椅子に乗せても大丈夫な場合はマットを敷きましょう

基本的には飼い主の足元で過ごしてもらいますが、椅子に乗せても大丈夫な場合には、必ずマットを敷いた上で利用しましょう。ただし、テーブルに乗らないように十分に注意してくださいね。

人間の食事は与えないこと

ドッグカフェには犬用のメニューがありますので、人間の食べ物は口にさせないようにしましょう。

リードを長くしないこと

リードを長くしてしまうと、知らないうちに他人のテーブルに近づいてしまったり、他の犬に近づいてしまう可能性があります。むやみに他の人の邪魔をしないように、リードは長くせず目を見張っておきましょう。

マーキングの恐れがある場合はマナーベルトを着用

マーキングの恐れがある場合には、マナーベルトを着用すると良いでしょう。また、ドッグカフェの利用前にトイレを済ませておくと安心して過ごすことができるでしょう。

通常のカフェとして利用されている方もいる

ドッグカフェだからと言って、必ずしも犬を連れているとは限りません。犬を連れずに通常利用される方もいますので、ドッグカフェに限らず普段のマナーも大切しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はドッグカフェでのマナーをテーマにお届けしましたが、これを知っておけば迷惑をかけることなく快適に過ごすことができますね。周囲への配慮と十分に目を配ることが大切ですので、今回の内容を参考に楽しく利用しましょう。はじめてのドッグカフェで緊張する場合は、解放感もあるテラス席がおすすめですよ。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫

おすすめの記事