ワンちゃん(犬) 2021.04.21

ペットホテルを初めて利用する方必見!利用方法や料金などを紹介!

ペットホテルを初めて利用する方必見!利用方法や料金などを紹介!

いざというとき便利なペットホテルですが、利用したことがない方にとってはどのような施設なのか分かりませんよね?今回は、ペットホテルについて広く紹介していきます。

そもそもペットホテルとは?

飼い主さんが旅行や出張などの用事でどうしても家を留守にしなければならないときに、一時的にペットを預けておける施設がペットホテルです。普段何かあったときに親族などにペットの面倒を見てもらう方も、施設について知っておくだけでも、いざというとき安心でしょう。それでは早速、ペットホテルについて詳しく見ていきましょう。

ペットホテルに預ける期間について

ペットホテルは、ちょっとした旅行などで1泊だけ預けることも可能ですし、出張などの理由により、1週間単位で長期間預けることも可能です。(長期間プランを用意してある店舗もあります)

大型犬はNGな店舗もある

店舗利用の条件についてはそれぞれ違いますが、大型犬を預けることができず、「小型犬で体重が〇Kgまで可能」などと決められている場合があります。あまり詳しく調べずに連れて行ったら断られてしまった…」ということにならない為にも、ホームページなどで事前にチェックしておきましょう。

ペットホテルの料金について

基本的にペットホテルは、預ける動物の種類やサイズにより料金に差があり、大きければ大きいほどその料金は高くなります。また、同じ施設内であっても、スタンダードルーム・スイートルームなどのように、部屋の広さの違いにより料金が異なることもあります。

1泊あたりの料金目安として、小型犬は3500円、中型犬は4000円、大型犬は4500円、猫は3500円ほどになります。地域や立地などの条件もあるため、あくまでこちらは目安として参考にしていただければと思います。

利用時の注意点について

基本的にどの店舗でも、一年以内に狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種が利用条件になっています。そのほか、病院で処方されたノミ・ダニ・フィラリアの予防を行うことが条件であるところも多くあります。預ける際にはフードやおやつ、給水機、首輪やリードが必要な場合がありますので、確認しておきましょう。(ご飯などの用意があり、ワクチン証明書以外は不要な店舗もあります)

ペットを安心させてあげるために

ペットを預ける際には、使い慣れたオモチャやクッションなどを用意してあげると、ペットも安心して過ごすことができるかもしれません。

ペットホテル選びのポイント

ペットホテルと一口に言ってもさまざまな店舗がありますので、やはり信頼できるかという点を口コミでチェックすることをおすすめします。また、施設内が衛生的で清潔かどうかという点もホームページや実際に目で見て確認しましょう。

サービス内容もさまざま

散歩がサービス内に含まれているのか、それともオプションなのか、散歩の長さはどれぐらいなのかという点も気になるポイントです。ペットホテル選びでは、サービスの充実度という面も加味すると良いでしょう。

まとめ

今までペットホテルの存在は知っていても、概要を知らないことにより利用を控えていた方は、この記事をきっかけにいざという時は利用してみてはいかがでしょうか。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫

おすすめの記事