ワンちゃん(犬) 2021.04.08

賃貸で犬を飼う場合に注意すべきこととは?

賃貸で犬を飼う場合に注意すべきこととは?

「賃貸で犬を飼いたいが不安な点が多い…」賃貸物件でペットを飼う場合には、賃貸物件ならではの気にすべき点があります。ペットと一緒に暮らすのであれば、やはり快適に過ごしたいですよね?

今回は、賃貸で犬をこれから飼う場合に注意すべき点をテーマにお届けしていきます。

多頭飼いはNGのケースもある

ペット可と記載があったとしても、1匹もしくは2匹までしか飼えない物件は多くあります。将来新しく犬を迎え入れることもあるかもしれませんので、ペット可の賃貸物件では、何匹まで飼うことができるかを事前に確認しておきましょう。

防音対策について確認しておく

鳴き声が隣人に響くような物件の場合、暮らしはじめてから気を遣うことが多くなってしまいます。ですので、物件を借りる前には、防音対策について確認をとっておきましょう。また、木造か、鉄構造か?という点も物件選びのポイントにすることをおすすめします。さらに、ペットに関する住民トラブルがなかったか?という点も確認しておくと、実際に引っ越ししてから、安心して住むことができるでしょう。

ご近所へのあいさつは必須

賃貸物件に引っ越しが決まればご近所へのあいさつは必ず行い、「ご迷惑をおかけするかもしれない…」などの言葉を添えて、犬も一緒に暮らすことを伝えましょう。ペット可の物件であっても、事前に伝えることはご近所トラブルを防ぐためにも大切なことです。

しつけをしっかりすること

賃貸物件で犬を飼う場合には無駄吠えなどしないように、しつけをしっかりしましょう。新しく迎え入れる場合には、子犬の頃にしつけを行っていないと、成犬になってから苦労することになります。特に夜中にかけて吠えてしまうようだと、近隣に迷惑をかけてしまう恐れがありますので注意が必要です。

汚れない工夫をすること

賃貸物件には原状回復があるので修繕費に関するトラブルを起こさないためにも、できる限り汚さない工夫をしましょう。例えば、床にはカーペットを敷いたりなどして傷防止の対策をしたり、トイレを覚えてない段階であれば、失敗してしまったときにオシッコをすぐ拭き取るといった点に気を使いましょう。

賃貸物件に向いている犬について

賃貸物件には、性格が穏やかでしつけがしやすい小型犬が向いているでしょう。なぜなら、大型犬を不可とする物件も多いですし、賃貸物件では特にしつけが大切だからです。これから初めて犬を飼いたいという場合には、それぞれ性格がありますので、店員さんに状況を説明して決めると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の内容をまとめると、

  • ・ペット可の賃貸物件であっても多頭飼いはNGの物件もある
  • ・賃貸物件を選ぶ際は防音対策を確認する
  • ・引っ越し後は挨拶の際に犬を飼うことを伝える
  • ・しつけをしっかり行うこと
  • ・物件を汚さない工夫をすること

以上が、今回の記事における大切なポイントでした。注意点を事前に知っておけば、犬と一緒に暮らす賃貸物件選びが楽になり、引っ越し後もトラブルになりにくいと思いますので、今回の記事を参考にしていただければと思います。

お客様の声

お客様の声