ワンちゃん 2019.03.27

ドッグフードに含まれる肉の種類について

犬はオオカミのDNAとほぼ同じで、雑食に近い肉食動物です。 犬は人間と長い歴史の中で、肉を中心に野菜や米などの穀物も摂取してきたことによって消化器官が発達したといわれています。

しかし、犬の唾液にはでんぷんの消化酵素であるアミラーゼがほとんど含まれていないので、炭水化物の消化はあまり得意ではありません。

そのため、ドッグフードの材料には主に肉が使われています。肉の種類も様々ですが、原材料、栄養素をチェックし、アレルギーがないか、体質に合っているかをみながら選ぶことが大切です。

鶏肉

鶏肉は高たんぱくで低カロリー、消化吸収にも優れています。皮膚や粘膜を強化するビタミンAやビタミンB群、ビタミンKなど、数種類のビタミンも豊富に含んでいます。

また、鶏肉に含まれるたんぱく質は体内で作りだせない必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、良質なたんぱく質と言えるでしょう。

豚肉

豚肉はビタミンB1が多く、糖質をエネルギーに変え、疲労回復効果があります。

その他に、ビタミンB群や鉄分カリウムが豊富に含んでいます。

羊肉

羊肉は脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれています。

脂質は多いですが、コレステロールを低減させる不飽和脂肪酸、L-カルニチンが豊富に含まれています。

鹿肉

鹿肉は高たんぱく低カロリーで鉄分、ビタミンB2、DHAが豊富です。牛肉の約半分のカロリーで脂質が同程度のたんぱく質が含まれています。

鉄分は牛肉よりも多く、抗がん作用、肥満防止に効果があるオメガ6も含まれています。

馬肉

馬肉も高たんぱく、低カロリーでビタミンやミネラルが豊富です。脂肪の質は魚に似ており、オメガ3が多いのも特徴です。 がん発生を抑制し、血液の流れを良くします。

また、抗生剤やホルモン剤を投与せずに育てていることが多いです。

牛肉

牛肉はカロリーが高く、良質なたんぱく質を豊富に含みます。脳神経を正常に保つ役割があるビタミンB12を多く含みます。

その他に多く含む栄養素は鉄分、亜鉛、アミノ酸の一種のタウリン、色素たんぱく質のミオグロビンなどがあり、貧血の予防にも効果的です。

ピュアラックスのドッグフードは?

ピュアラックスのドッグフードは愛犬の食事におすすめなターキー、ラム肉のドッグフードをご用意しております。

お肉だけではなく、健康に食事をとっていただけるように豆類などを含んでいますので、一度お試しいただければと思います。

全年齢に与えていただける安心のドッグフードです。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫