ワンちゃん 2019.06.20

なぜ、ドッグフードの選び方ひとつで犬の健康に影響を及ぼすのか

「開封してから時間が経ったドッグフードは全くたべない」 「ホームセンターで安めで大袋のドッグフードを与えているが、問題ないのか不安」 「ブラッシングがいつものように通らずに毛並みが悪くなってきた気がする」 こんなお悩みをお持ちの方はドッグフードの取り扱い方や、選び方に問題があるのかもしれません。 人間も、犬を含む動物も、食べ物から体が形成されていますので、与える食事を考える必要があります。

今回はなぜ、ドッグフードの選び方ひとつで犬の健康に影響を及ぼすのかについておはなしします。

ドッグフードで毛並み、毛艶は変えられる

「ブラッシングが最近やりづらくなった」「知らない内に小さな毛玉がいくつかできていた」こういったお悩みは食事で解決できるかもしれません。日頃のブラッシングはもちろん重要ですが、体の中から変える事で毛艶の改善を見込むことができます。

毛並みや毛艶をキレイにするドッグフード選び

皮膚や毛はたんぱく質からつくられています。ですので、良質なたんぱく質をつかったドッグフードを与えることによって毛並みを改善させることができます。

偏った栄養のドッグフードではなく、良質なたんぱく質、且つ、他の栄養もしっかりあるドッグフードを選ぶことをおすすめします。良質の良いたんぱく質は動物由来のもの。すなわちチキン・ターキー・鹿肉等です。パックの裏をみて、どんな動物の肉が使われているかをチェックするとよいでしょう。

下痢(軟便)はドッグフード選びで解決できる?

犬には個体差があり、生まれつき下痢(軟便)になりやすい犬もいます。そういったお腹が弱いワンちゃんには消化吸収の良いドッグフードを選ぶことをおすすめします。人間が食べられるヒューマングレードのドッグフード、乳酸菌を配合していたり、無添加であったり、お腹のことを考えているドッグフードを選ぶようにしましょう。

ホームセンターで選ぶドッグフードはあり?

ホームセンターで大袋入りの安いドッグフードを選んでいる方は、どんな成分・栄養が入っているかを確認すると良いでしょう。 安いから問題があるのではないのかと思わずに、しっかり内容を確かめて、添加物の有無、使っている肉の種類等を 知ることで安心して与えることが可能になるでしょう。飼い主さんのひとりひとりが犬の栄養について考える時間が増えることは 良いことです。

まとめ

今回はドッグフードの選び方ひとつで犬の健康も変化するということを主にご紹介しました。良質なドッグフードを与えることによって、健康状態も変化していきますので、今回の記事を参考にしていただき、健康について意識していただければと思います。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫