ワンちゃん 2019.08.06

犬がカリカリ(ドライフード)を食べない原因と対処法について

<p>みなさんは愛犬にどのようなごはんを与えていますか?

多くの方は通常のドッグフードを与えていると思いますが、なかにはわたしたちと同じ食事を与えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その影響でカリカリのドッグフードよりも人間の食事やおやつなどを好む愛犬もいるかと思います。

そこで、今回の記事では「犬がカリカリ(ドライフード)を食べない原因と対処法について」ご紹介します。

なぜ、犬が人間と同じ食事を取りたがるのか

まず犬に人間と同じ食事を与えたとき、犬はなぜカリカリのドッグフードよりもそちらを好むようになるのでしょうか。 それはそちらの方が「香りを楽しむことができる」からです。

犬は人間と比べて、嗅覚が非常に発達しています。 非常ににおいに敏感であり、香りが少ないドッグフードよりも、より強い香りのする人間の食事を好む傾向が強くなります。 (温かい食べ物はより香りがする為。) そのため、より香りの強い人間と同じ食べ物を欲してしまいます。

しかし、人間と犬とでは、生き物が違います。 人間が食べている食事を欲しがっても、人間が食べる物と全く同じ物を与えてしまっては病気の原因にも繋がってしまいます。

その他にも愛犬が、ドッグフードを食べたがらない理由をいくつかあげてみたいと思います。

様々な原因がカリカリを食べなくなる

犬も夏に夏バテをして食べたがらない時もあります。 その際は、充分に水分を与えてあげましょう。

性格にもよりますが、デリケートな犬は、何かストレスを感じた時に、食欲がなくなる場合もあります。 また、老犬は、歳を重ね、代謝が落ち、歯や、消化機能も衰えてくるので、食も細くなります。 子犬は、1年前後で成長期を終えます。この成長段階で、肥満にならないように、食欲が抑えられる時期があるようです。

甘やかしすぎない事

人の食べ物や、犬用おやつなど、おいしい味を与え続けてしまうと、いつものドライフードを食べなくなることもあります。 ドッグフードを食べないことをかわいそうに思って、人間の食べる食事や、食いつきのいいおやつなどを与えてしまうこともあると思いますが、グルメな犬になってしまうと、通常のドライフードを拒否し、人間の食べ物やおやつばかりを食べたがるようになってしまいます。

人間が食事している際に、食べ物を与えないと吠えてしまう無駄吠えにもつながる可能性があります。

食べ残しのカリカリは片づける事

ドライフードを食べさせるためには、食べ残しは片づけるようにし、代わりのものを与えないようにしましょう。 カリカリの食べ残しがあった場合はすぐ片づける事で、カリカリを早く必死に食べるようになります。

ドッグフードは、犬に必要な栄養を考えて作られています。 愛犬にいつまでも健康で、長生きしてもらうためにも、ピュアラックスのような栄養が優れた食事をきちんと与えましょう。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫