ワンちゃん(犬) 2019.12.10

マルチーズに合うおすすめのドッグフードといえば?

日本でよく飼われている小型犬と言えば?…様々な小型犬の中でも「人気の小型犬」と言えば名前が挙がる事の多い「マルチーズ」。白い被毛に覆われた純白の体でちょこちょこと歩く姿は、愛くるしくてたまらない存在ですよね?しかし、愛くるしいマルチーズは意外と健康上の問題がある事が多いのです。今回は、マルチーズがよくかかるとされる病気とそんなマルチーズにおすすめのドッグフードを解説いたします。

そもそもマルチーズってどんな犬種?

マルチーズは快活で人懐っこい性格を持つ、マルタ共和国が原産の犬種で、ヨーロッパのみならず、世界中で人気の小型犬です。ワンちゃんを今までに飼った事のない方であっても比較的飼いやすい犬種としても知られているのですが、毛玉になりやすい性質があるので、こまめなブラッシングが大切です。また、被毛は床に届くまで伸びるので、定期的なトリミングもかかせません。

マルチーズがかかりやすい病気は?

純白な体を持つがゆえに、泥などの汚れも目立ってしまう事がありますが、たまに涙やけになってしまっているマルチーズを見た事はありませんか?他の犬種と比べて、涙と目やにが多いため涙やけ(流涙症)にかかりやすいとされています。 また、マルチーズの子犬~成犬までの全年齢で、アトピー性皮膚炎やノミ・ダニなどによる皮膚炎となりやすい傾向にあります。

その他マルチーズがかかりやすいとされている病気には、

  • 白内障
  • 環軸亜脱臼
  • 膝蓋骨脱臼

等があります。

マルチーズの健康を考えてあげよう

マルチーズは流涙症をはじめとした、様々な疾患を持ってしまうことがある事は先述しましたが、どのような対策をとれば良いのでしょうか?それは、適度な運動とバランスの取れた食事です。これはマルチーズに限った事ではなく人間も一緒です。油が多く、高たんぱくな食事ばかり摂ってしまえば体重が増加してしまいますし、ベッドに長時間いる事が多く、運動する量が減ってしまえば足も弱くなってしまいますよね?室内犬だからとケージにずっと入れっぱなしで散歩を怠っていると、体だけでなく体内にも影響がでてきてしまう事は容易に想像がつきます。外での散歩が難しい場合は、少なくとも室内で遊ばせてあげて、心身ともにリフレッシュさせてあげましょう。また、定期的なトリミングや、目薬を差してあげるといった日々のケアも大切に。

マルチーズにはどのようなドッグ―ドを与えるべき?

犬には大型犬、小型犬とサイズが異なり、食べる量や最適な食事が変わってきます。多頭飼いされている方で、自身で御作りになった食事を与える方も多くいらっしゃいますが、その際の注意点としては、同じ食事内容で同じ量を与えない事です。ワンちゃんによって食事量も変わってくるので調整してあげましょう。また、食事を作ってあげる事は全く問題ありませんが、栄養バランスが偏ってしまう事もあるので、注意するようにしましょう。 しかし、与えている食事がしっかり栄養バランスが整っているかは分かりづらいですよね? それであれば、マルチーズに与える食事はピュアラックスのドッグフードを与えてみてください。栄養バランスを考えられて作られていますし、無添加ドッグフードなので安心して与える事ができますよ!

お客様の声

お客様の声