ワンちゃん 2020.02.19

ドッグフードに飽きてしまうという事は起こり得る?

「同じドッグフードを与えていて、あまり食事を食べなくなってしまった・・・」果たしてドッグフードに飽きてしまうという事は起こり得るのでしょうか?それとも食欲がなくなってしまったのは、別の理由なのでしょうか?そこで本記事では、「ドッグフードに飽きてしまうという事は起こり得るのか」についてご紹介いたします。

食事をあまり食べないにも様々な理由が

愛犬が食事をあまり食べなくなってしまった・・・という場合に考えられる理由は、1つだけではありません。愛犬が食事を食べなくなった際は下記を参考にしてみてください

ストレスを感じている

例えば、愛犬と一緒に泊まれるホテルに連れていった場合や、ペットホテルに預けている場合に、食事をあまり食べないという事があります。これは、環境が変わった事によってストレスを感じ、食欲がない事が挙げられます。もし、愛犬の食欲がなくなった際は、環境の変化がなかったかを確認してみてください。

季節による食欲の低下

人間に夏バテがあるように、ワンちゃんにも夏バテがあります。季節的な要因によってあまり食欲がないという事は起こり得ます。もし、夏バテなどの季節要因が考えられる場合は、温度の調整といった対策をとるようにしましょう。

加齢によるもの

元気な成犬は良く運動し、しっかり食事を摂ります。人間と同じように、老犬ともなれば、運動量が低下し、食欲も以前と比較して落ちてしまう事が考えられます。もし、老犬で食欲がないという場合は、シニア犬用のドッグフードもありますので、検討すると良いでしょう。

ドッグフードに飽きてしまった

ドッグフードを食べないという理由のひとつにドッグフードに飽きてしまった。もしくは、ドッグフードが美味しくないという事が挙げられます。 ドッグフードの保管方法が悪かったり、賞味期限が過ぎてしまったりすると、風味が落ちてしまったりして食いつきが悪くなってしまう事があります。 保存方法が適切ではなかった。最近ドッグフードを変えて食いつきが悪くなった、同じドッグフードだけで飽きてしまった等の事が考えられますので、ドッグフードを変えたり、プラスアルファの工夫をするようにしましょう。

まとめ:ドッグフードに飽きてしまうという事は起こり得る?

いかがでしたか?ドッグフードを食べない場合には、ドッグフードに飽きてしまったり、ストレスが影響したりするという事でした。 あまり愛犬の食欲がないという場合には、様々な原因が考えられますので、環境変化がなかったか?単純に飽きてしまっただけなのか?など様子をみるようにしましょう。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫