ワンちゃん(犬) 2020.05.19

犬を飼うことの健康的効果にはどのようなものがある?

愛犬と戯れていると、心が安らぐといった経験がある方も多いのではないでしょうか。 ワンちゃんを飼っていると、実は体の健康に良い効果をもたらされることがあるのです。 では、犬が人間に与える健康への良い効果にはどのようなものがあるのでしょうか? そこで本記事では、「犬を飼うことの健康的効果」について解説していきます。

散歩で体を動かすきっかけを与えてくれる

まずご紹介する犬を飼うことの健康的効果は、「散歩」です。 普段忙しい日々を送っていると、運動する時間が取れなくなって運動不足につながっていきます。頭の中ではそれを理解していても、休日などにいざ運動しようと思ってもなかなか体が動かないものですよね。 犬は猫と比べて、皆さんがご存知の通り散歩をして体を動かそうという傾向が強い動物です。ですから、犬を飼うと散歩がついて回ります。

運動不足気味で、なかなか体を動かそうという気分になれない状態で、犬を飼ってみるとどうでしょうか?そうすると、愛犬の散歩で必然的に体を動かす機会が生まれます。そして、それが習慣化されて定期的に運動していることになり、運動不足も解消されていきます。 このように犬を飼うことによって運動をする必然性が生まれ、運動する習慣が定着するというメリットがあることが分かります。

忠誠心の高い犬による癒し効果

犬と猫では、犬の方が打ち解けやすいという話を聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。事実、犬は他の動物よりも忠誠心が強いため、その分飼い主への信頼も強くなります。 ですから、愛犬自身の思いを飼い主に対して強く表明することが多いです。例えば、飼い主が帰ってくると尻尾を振って、うれしそうに飼い主を出迎えるといったことがあげられます。

このように愛犬と飼い主が心を通わすことによって、オキシトシンという「幸せホルモン」が分泌されます。そして、幸せホルモンによって心の安定につながるわけです。 ですので、犬と触れ合うことによって得られるメリットは大きいのです。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では「犬を飼うことの健康的効果」について解説しました。 犬と触れ合うことで幸せホルモンが分泌されて精神的安定につながったり、散歩が習慣化することによる運動不足の解消といった効果があります。 新型コロナの影響で家から出れずストレスがたまるかと思いますが、その解消として犬を飼うことを検討してみるのはいかがでしょうか。

当メディアを運営するピュアラックスは「獣医さんが認める」健康志向のドッグフードを販売しています。
おかげ様で多くの喜びの声をいただいております。お客様の声はこちら ≫

お客様の声

お客様の声