ワンちゃん(犬) 2020.08.07

犬にとって夏場のアスファルトは危険なの!?

どんなに暑いときでも、愛犬が散歩に行きたがることも多いでしょう。 当然日中に出かけるとあまりにも暑いので、比較的涼しい早朝や夕方に散歩に出かけることが圧倒的なのではないでしょうか? その際、気を付けたいのが「アスファルト」です。 なんでそんなことに気を付けないといけないのかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、夏場のアスファルトには思わぬ危険が潜んでいます。 そこで本記事では、「夏場の散歩におけるアスファルトの危険」について解説していきます。

具体的にどのような危険が潜んでいるのか?

具体的には夏場の散歩におけるアスファルトの危険性について考えてみましょう。 まず考えられる危険は「やけど」です。 夏場でアスファルトの温度は何度ぐらいまで上がるかみなさんはご存知ですか? 一般的には60度以上に達するといわれています。 そんなアスファルトの上を散歩しているともちろんやけどのリスクが上がることになります。

真夏の砂浜を裸足で歩くことをイメージしてみてください。 あまりにも熱くて、足裏がやけどしそうになりますよね。 それと同じことがアスファルトの上を歩く愛犬にも起こってしまうのです。 ですから、その点には気をつける必要があります。 もう1つは「熱中症」です。 いまも述べたように夏場のアスファルトの温度は非常に高温になります。 そうすると犬は陽射しと地面のアスファルトの2方向から熱を浴びることになり、熱中症にかかるリスクが上昇します。

夏場のアスファルトの危険から愛犬を守る方法

続いて、愛犬を夏場のアスファルトの危険から守るための方法を紹介していきます。 まずご紹介するのは「犬用の靴」です。 実は犬用の靴が市販されています。 それを愛犬に履かせることによって、愛犬の足裏をプロテクトしてやけどを回避することが可能です。

次に「なるべく涼しい時間帯に散歩する」ことが挙げられます。 当然日中だと気温が高いですから、その分アスファルトの温度も高くなっています。 ですから、なるべく涼しい時間帯に散歩に出かけることが大切です。 おすすめの時間帯としては早朝あるいは日没後があげられます。

最後は「アスファルトをなるべく避けること」です。 アスファルトを避け、草むらのある場所を散歩するというのも効果的です。

まとめ

いかがでしたか? 今回の記事では、「夏場の散歩におけるアスファルトの危険」について解説しました。 夏場のアスファルトには思わぬ危険が潜んでいます。 夏場に愛犬を散歩させるときはくれぐれもご注意ください。

お客様の声

お客様の声