ワンちゃん 2020.09.24

犬の換毛期とお手入れ方法について解説!

私たち人間は季節の変化に伴い、6月や10月に衣替えをするのが一般的です。 一方で、犬には「換毛期」というのがあります。 これは人間の衣替えと同じように、季節の変化に対応するために行われます。 もし愛犬が換毛期に入った場合は、しっかりとお手入れしてあげることが必要です。 そこで本記事では、「犬の換毛期とお手入れ方法」について解説していきます。

犬の換毛期はいつ頃?

犬の換毛期はいつ頃にやってくるのでしょうか? 一般的には「季節の変わり目」の時期です。 より具体的には、春や秋に差し掛かるタイミングで換毛期がやってくることが多いです。

ただし、換毛期に入るタイミングやその有無については犬種により異なります。 ダブルコート(被毛がオーバーコートとアンダーコートからなる)の犬種は、体温調整を行うアンダーコートが生え変わる換毛期があり、シングルコート(被毛がオーバーコートのみ)の犬種にはそれがありません。

しかし、日常的な生え変わりは両者ともに存在するので、シングルコートの犬種だとしてもブラッシングといった手入れは大切です。 また、室内の気密性が高まっていることなどにより、決まった時期に換毛期が訪れないということも多々あります。

換毛期のお手入れ方法

換毛期に突入すると、抜け毛が急激に増加し、掃除の手間が増えてしまいます。 抜け毛の量を減らすためにはどうしたらよいのでしょうか? いくつかお手入れ方法をご紹介します。

方法1:ブラッシング

まずご紹介するのは「ブラッシング」です。 ブラッシングを行うと抜けかけの毛を除去し、落ち毛を減らすことができます。 その他にも皮膚を清潔に保つ・血行促進といった効果も期待できます。 ブラッシングの際は、毛質や毛の長さに合ったブラッシングアイテムを選ぶことが大切です。

方法2:シャンプー

次にご紹介するのは「シャンプー」です。 シャンプーにも古い毛を取り除く効果があります。 シャンプーを選ぶ際は、低刺激で保湿性の高いものを選ぶことをおすすめします。

方法3:グルーミングスプレー

ブラッシング中に愛犬の抜け毛が付着して、後々面倒だと感じる方も多いかと思います。 そのようなときはグルーミングスプレーを使えば、静電気の発生を防げるのでその負担を減らすことができます。

まとめ

いかがでしたか? 今回の記事では、「犬の換毛期とお手入れ方法」について解説しました。 お手入れをするかしないかで、落ち毛の量は大きく変わってきます。 換毛期に入った愛犬に対して、こまめなお手入れをするよう心掛けましょう。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫