ワンちゃん 2020.12.17

愛犬にチーズを与えても大丈夫?

料理に用いたり、お酒のおつまみとしてもよく食べられたりするチーズ。 チーズが好きな方も多いと思いますが、愛犬にチーズをお裾分けしてあげたいということも多々あるはず。 しかし、人間が食べても問題のないものでも犬が食べてしまうと、問題を引き起こす要因となってしまうことがあります。

ですので、愛犬に人間が食べるものを与える前に、それを与えてもよいのかを確認しておくことが大切です。 果たして、犬にチーズを与えても問題ないのでしょうか? そこで本記事では、「犬にチーズを与えても問題ないのか」について解説していきます。

愛犬にチーズを与えても大丈夫?

早速本題に入りましょう。愛犬にチーズを与えても大丈夫なのでしょうか? 結論から申し上げますと、「与えても問題ありません」そして、チーズを与えることによってさまざまなメリットがあります。

考えられるメリットとして、「健康に必要な栄養分を補給できる」ことがあげられます。 チーズは牛乳を発酵させてできるものですから、カルシウムが含まれています。 犬の場合カルシウムは不足しがちな栄養素ですから、チーズを与えることでそれを補うことができます。 それ以外にもチーズには乳酸菌も含まれていますから、チーズを食べることで腸内環境の改善も期待できます。

ですが、チーズを与えすぎたり、犬によってはそれを与えない方がよいこともあります。それについて以下で説明します。

愛犬にチーズを与えない方がよいのはどんなとき?

愛犬にチーズを与えない方がよいのはどのようなときなのでしょうか? 愛犬が肥満気味である・腎臓あるいは心臓に持病を抱えている場合はチーズを与えない方がよいでしょう。 チーズはカロリーが高いので、摂取しすぎると肥満を引き起こしたり、肥満を進行させることになります。

またチーズは塩分含有量が多いため、心臓や腎臓に負担をかけることになります。 心臓や腎臓に持病がある場合はそれが悪化する可能性があるので、チーズの摂取を避けるのが無難です。それ以外にも、チーズに含まれる乳糖によってお腹を壊すこともあります。

最初の方で、チーズは与えても問題ない食べ物であるとお伝えしましたが、塩分などのことを考えると、栄養面でチーズを与えたいという場合には、チーズの含まれているドッグフードも販売されていますので、そのような商品を与えることが無難でしょう。ちなみに、ピュアラックスのドッグフードには乳酸菌が含まれていますので、健康を考えるのであれば、一度ピュアラックスのドッグフードをお試しいただければと思います。

まとめ

いかがでしたか? 本記事では、「犬にチーズを与えても問題ないのか」について解説しました。 チーズを与えても問題ありませんが、それには脂肪や塩分が多く含まれているので過剰に与えるのは避けましょう。塩分などのことも考えると、チーズを健康のために与えたいというのであれば、チーズ入りのドッグフードを検討してみてはいかがでしょうか?

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫