ワンちゃん 2021.01.07

ドッグランでのマナーやルールについて

ドッグランを初めて利用しようと思っている方が気になるのは、やはりドッグランを利用する上でのマナーやルールではないでしょうか?今回は、ドッグランでのマナーやルールについて解説していきます。

ドッグランでのマナーやルール

それでは早速マナーやルールを見ていきましょう。

ワクチンの接種

混合ワクチンや狂犬病予防接種は必ず受ける必要のあるもので、入場の際に証明書を見せなければ入場できないところもあります。また、犬の鑑札を付けることを入場条件としているところも多くありますので、事前にこれらは準備しておきましょう。

出入口の開閉には注意

ドッグランに出入りする際は、他の犬が外に出てしまわないように注意して扉を開閉しましょう。また、必ずリードを付けた状態で入場し、犬が慣れるまで散歩をしてから外すようにしましょう。

他の犬の写真を勝手に撮らない

かわいいからといって、勝手に他人の犬を抱きかかえたり写真を撮るのはマナー違反になります。もし、写真を撮りたい場合や触りたい場合には、事前に飼い主の許可を得るようにしましょう。

飼い主同士のあいさつも大切

飼い犬同士が遊びだせば、軽くあいさつをしてコミュニケーションをとりましょう。「こんにちは」「かわいいですね」「何歳ですか?」といった会話はドッグラン内ではよくなされています。

喧嘩をしそうになったらすぐにやめさせる

他の犬を執拗に追いかけまわしたり、マウンティングしそうになればすぐにやめさせましょう。愛犬から目を離してしまうことは、犬同士が喧嘩してしまう原因にもなりますので、必ず近くで見守るようにしてください。

ドッグラン内でおやつを与えない

そもそも、ドッグラン内におやつを持ち込むことを禁止しているところも多くありますが、ドッグラン内でおやつを与えるのはマナー違反になります。他の犬が寄ってきて、取り合いになることも考えられますし、アレルギーを持っている場合もあり危険です。

おもちゃの持ち込みについて

おもちゃの持ち込みを禁止しているところもありますので、事前に持ち込み可能かどうかを確認しておきましょう。また、持ち込み可能な場合には施設のルールに従って遊びましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、ドッグランでのマナーやルールについて解説しました。それぞれのドッグランによって細かいルールは違うものの、基本的なマナーはどこのドッグラン会場でも同じです。ドッグランは、健康やリフレッシュのためだけでなく、犬同士のコミュニケーションを身に着けさせるためにも大切な場所です。必ずルールやマナーを守った上で遊ばせてあげましょう。

【商品紹介】
「獣医さんが勧める」チキンアレルギー対応ドッグフード ≫