ワンちゃん(犬) 2021.02.12

育児と犬のお世話を両立させるために知っておくべきこと

愛犬を飼っていると愛犬の世話に時間がとられ、子育てに十分に時間が確保できないこともあるかと思います。愛犬の世話も幼い子供の育児も大変ですから、これら二つの両立を成し遂げるのはなかなか簡単なことではありません。 そこで本記事では、育児と犬のお世話を両立するために知っておくべきことを解説していきます。

愛犬のお世話と育児の両立を!

愛犬の世話と育児は両立しがたい二つですが、愛犬も幼い我が子もあなたの愛情を必要としています。

どちらかに時間を振りすぎてしまうと、片方はあなたからの愛情を感じることができず嫉妬し、あなたを意図的に困らせる素振りを見せる可能性があるのです。よって、どちらに対しても同等の愛情を与え、安心させることが非常に大切です。 どちらかのみに時間を費やしたりするのではなく、どちらに対してもしっかりと愛情を与えるようにしましょう。

愛犬のお世話と育児を両立させるコツについて

次に、愛犬の世話と育児を両立させるためのコツをいくつかご紹介します。

愛犬のしつけをしっかりやっておく

まずご紹介するコツとして、「愛犬のしつけをしっかりと行う」ことがあげられます。 例えば愛犬がトイレ以外の場所に排泄する場合であれば、処理から消臭まで手間がかかってしまいます。その点、しつけを十分に行っていれば無駄に時間を使うことがなくなります。特にトイレの場所を認識させることや、幼い我が子に配慮していきなり吠えださないようしつけることから実践してみましょう。

夫婦で取り組む

次に取り上げるのは、「夫婦で取り組む」ことです。奥さんが育児に時間をとられている場合でも、愛犬を定期的に散歩させることが必須ですよね。そのような場合では旦那さんが愛犬を散歩に連れ出すなど、ふたりの間で分担をすると一人あたりの負担が減ります。ですから、育児と愛犬のお世話の両立に至ってはふたりの協力が必要なのです。

自動給餌器や食器洗い機などを導入することで負担を減らすことができ、時間を作ることができるでしょう。

部屋を清潔にする

部屋が清潔に保たれていないと、お互いにとってストレスになります。両者に時間をとられないようにするためにも、こまめに部屋を掃除するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか? 本記事では、愛犬の世話と育児の両立のために知っておくべきことについて解説しました。 これら二つの両立は確かに大変ですが、本記事で紹介したコツを知っておくことによって負担が軽減されます。是非参考にしてみてください。

お客様の声

お客様の声