ねこちゃん(猫) 2021.08.12

猫が快適に過ごせる室温や湿度は?調整方法をご紹介!

猫が快適に過ごせる室温や湿度は?調整方法をご紹介!

人間が快適で過ごせる温度や湿度があるように、猫にも適切な温度や湿度があります。そして、体調を崩させないように、飼い主は快適な環境を用意してあげる必要があります。
今回は、猫が快適に過ごせる温湿度をテーマにお届けしていきます。

猫が快適に過ごすための室温や湿度

猫が快適に過ごすための温度は20度~28度で、湿度は50%~60%と言われています。特に猫は、湿度が高いと熱が外に逃げにくくなり体温が上がりやすい状態になります。室温と湿度が共に高いと体調を崩す原因にもなりますので、エアコンなどで調整することをおすすめします。また、夏場は熱中症にならないように、こまめに水分補給ができるようにしましょう。

猫は室温調整が必要

人間は溜まった体温を汗として発散し、犬は口を開けてパンティングすることで体温を逃がしています。それに対して猫は、主に肉球で汗をかいて体温調節しているため、そもそも体温調節自体があまり得意ではありません。

猫は暑いと日陰になっているひんやりしたところで体を冷やし、寒くなれば暖かい場所に移動するわけですが、閉まり切った部屋で逃げ場所がなければ、猫にとっては対策のしようがありません。ですので、飼い主が過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

どのような方法で室温や湿度を調整する?

まず、温湿度計をもっていない方は温湿度計を用意して、それぞれを計れるようにしましょう。その上で室温や湿度を調整するためには、以下の方法があります。
・エアコンの利用
・カーテン・窓の開閉
・防寒グッズや冷感グッズの利用
・移動できるようにする

エアコンを利用する

エアコンを利用すれば室内・湿度の温度調整が簡単であり、湿度だけが高ければドライ運転を有効活用すると良いでしょう。夏場は室温の設定を部屋に行き渡らせるために、サーキュレーターを併用し、冬場は室内が乾燥してしまうため、加湿器を併用するのがおすすめです。また、飼い主の外出時であっても、猫が快適に過ごせるようにエアコンをかけておくようにしましょう。

防寒グッズや冷感グッズの利用

暑い場合にはペット用の冷感マットを利用したり、寒い場合にはペット用ヒーターを利用するのも良いでしょう。また、その両方の機能を備えた冷暖マットや、温度管理できるペットハウスというグッズも販売されています。ただし、暖房や冷房器具の利用には、暑すぎたり、寒すぎたりならないように注意しましょう。

カーテン・窓の開閉

エアコンを利用せず涼しくしたい場合は、対角線上にある窓をそれぞれ開けることで、風の流れができるので涼しくなります。エアコンの時と同様にサーキュレーターを利用することで、より効果的に風が吹き抜けるようになります。また、冬の場合は日向ぼっこができるように、カーテンを開けるなどの工夫をしましょう。

移動ができるようにする

暑いところからひんやりした涼しい場所への移動や、寒いところから暖かい場所に移動できるように、逃げ道を作ってあげましょう。猫用の小窓(キャットドア)を設置するのも良いですし、ドアを少し開けた状態にできるドアストッパーを利用しても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の内容としては、
・猫にとって快適な室温は20度~28度、湿度は50%~60%
・猫は体温調節があまり得意ではない
・室温度の調整にはエアコンなどを利用する
という点が大切なポイントでした。今回の内容を参考にしていただき、飼い主が在宅の時だけでなく、外出時であっても快適に過ごせるように環境を整えてあげましょう。

当メディアを運営するピュアラックスは「獣医さんが認める」健康志向のキャットフードを販売しています。
おかげ様で多くの喜びの声をいただいております。お客様の声はこちら ≫

お客様の声

お客様の声