ねこちゃん(猫) 2021.05.27

猫の睡眠時間はどれぐらい?猫はずっと寝てても大丈夫?

猫の睡眠時間はどれぐらい?猫はずっと寝てても大丈夫?
「うちの猫は一日中寝ている気がするけど大丈夫かしら…」
「猫は何時間寝るのが普通なの?」
なんとなく猫は眠っているイメージがありますが、どれぐらい猫は寝ているものなのでしょうか?今回は、猫の睡眠時間をテーマにお届けしていきます。

猫はずっと寝ていても大丈夫?

人間と比較して猫の睡眠時間はとても長いため、一日中寝ているなと感じても特別な異常がなければ心配する必要はありません。特に猫を飼い始めたばかりの方は睡眠時間の長さに心配してしまうかもしれませんが、それは自然なことですので安心してください。

猫は一日どれぐらい睡眠するのか?

猫の一日の睡眠時間は12時間~16時間ほどと言われており、子猫や老猫の場合にはさらに長く20時間以上寝ることもあります。16時間ほど寝るということは人間の約2倍寝ているということですね。ただし、猫の睡眠は、寝ていても脳が活動しているレム睡眠という状態であることが多く、浅い眠りであるため物音がすればすぐに反応します。

子猫は成長のために、老猫は体力が落ちているためエネルギーを節約するために睡眠時間が長くなると言われています。ですので、飼っている猫の睡眠時間が長くなってきたなと感じれば、それは老化のサインかもしれません。

猫はもともと夜行性

猫はもともと夜行性の動物ですが、夜になると一緒に寝ているという方も多いのではないでしょうか?これは、もともとは夜行性であっても、飼い猫は飼い主にあわせて眠るようになっているのです。

猫の寝相について

猫がひっくり返って眠る姿はとても愛くるしいですよね。お腹を見せて眠るのはとてもリラックスしている証拠であり、その場所が安心できるということを示しています。また、まるまって眠る姿もリラックスしている状態です。

前足をお腹の下にしまいこむ香箱座りは、いつでも反応できる体勢であるためリラックスしているという状態ではなく、猫にとってみれば通常の姿勢です。このように、猫の寝相により猫の気持ちを読み取ることができるのです。

猫用のベッドについて

猫はソファの上やベッドの上、フローリングの上などさまざまな場所で眠ることができますが、猫用のベッドは用意しておくことをおすすめします。猫が普段気に入っている場所に設置してあげると、安心してそこで眠ることができるでしょう。人間にとって睡眠を確保することが大切であるのと同じように、猫も安心して眠れるように睡眠環境を整えてあげることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?今回は猫の睡眠時間をテーマにお届けしましたが、猫は人間よりも多くの睡眠時間が必要であることがお分かりいただけたことでしょう。猫が安心して眠れる環境を整えてあげながらピュアラックスの栄養たっぷりの食事を与えて、長生きさせてあげられると良いですね。

【商品紹介】
「獣医さんが認めた」グレイン・グルテンフリーキャットフード ≫