ねこちゃん(猫) 2019.02.20

キャットフードの最適な保存方法を教えます

キャットフードの最適な保存方法を教えます

みなさん、こんにちは。みなさんはキャットフードを普段どのように保存していますか。キャットフードをそのまま常温下で放置して保存している方がほとんどでしょう。

しかし、実はそれは良い保存方法とはいえません。キャットフードの保存の仕方を間違えると食いつきが悪くなることもあります。ですので、今回の記事ではキャットフードの最適な保存方法についてご紹介いたします。

なぜ常温下で放置するのはいけないのか

なぜ常温の下でキャットフードをそのまま放置するのがいけないのでしょうか。それはそうすることによって「風味が落ちる」からなのです。キャットフードをそのまま放置していると、酸化が進みます。酸化が進行すると、その分キャットフードの風味が低下し、キャットフードそのものが劣化していきます。

これはコーヒーをそのまま放置し、酸化が進行することによって味が落ちることと全く同じことです。ですから、キャットフードを常温下であまりに放置し続けてしまうとそれの新鮮味がなくなり、愛猫がそれに食いつかなくなってしまうのです。

最適な保存方法のご紹介

それではキャットフードの最適な保存方法についてご紹介していきます。まずはキャットフードの保管場所に関してです。場所としては冷暗所に保管すると良いです。

具体的には棚の中に保管するのをおすすめします。夏場では冷蔵庫に保管したくなりますが、 そうしてしまうとかえって風味が低下してしまうのでご注意ください。そして保管をするときは容器の袋を完全に密閉しましょう。 なぜなら、こうすることによって酸化の進行を遅らせることができるからです。

チャックがついているのならチャックを閉めればよいですし、もしそれがない場合はジップロックのような容器にキャットフードを移し替えて密閉保存すると良いでしょう。その他にも容器内に乾燥剤や脱酸素剤を入れるとより一層効果的です。

具体的には棚の中に保管するのをおすすめします。夏場では冷蔵庫に保管したくなりますが、 そうしてしまうとかえって風味が低下してしまうのでご注意ください。そして保管をするときは容器の袋を完全に密閉しましょう。 なぜなら、こうすることによって酸化の進行を遅らせることができるからです。

チャックがついているのならチャックを閉めればよいですし、もしそれがない場合はジップロックのような容器にキャットフードを移し替えて密閉保存すると良いでしょう。その他にも容器内に乾燥剤や脱酸素剤を入れるとより一層効果的です。

まとめ

今回の記事ではキャットフードの最適な保存方法について解説しました。保存方法を誤るとキャットフードの酸化が進んで風味が低下し、食いつきが悪くなります。

キャットフード保存時はいかに酸化を防ぐかが重要ですので、棚の中のような冷暗所に保管し、容器をきちんと密閉して酸化を防ぎましょう。是非本記事を参考に、キャットフードを適切なやり方で保存して、新鮮さの維持に努めてみてください。

当メディアを運営するピュアラックスは「獣医さんが認める」健康志向のキャットフードを販売しています。
おかげ様で多くの喜びの声をいただいております。お客様の声はこちら ≫

よく読まれている記事

お客様の声

お客様の声