ねこちゃん(猫) 2019.03.13

添加物なし!安全な無添加キャットフードについて

現在、キャットフードはドラッグストアやスーパー、ホームセンターなど、どこでも手に入ります。 様々な種類のものが販売されていますが、一般的に販売されているキャットフードには、添加物が入っていることが多々あります。

みなさんはキャットフードの添加物について気にされたことはありますでしょうか?

今回は無添加キャットフードについておはなしします。

猫も生活習慣病にかかってしまう

一昔前の猫の食事は、人の食べ残しを与えている家庭も多くあったかと思いますが、現在の猫の食事は加工された「キャットフード」が当たり前ですね。

様々な要因はあるかと思いますが、猫も人と同じような高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかる猫が実際増えていることも事実です。

キャットフードも人間同様に無添加が安心

市販されているキャットフードの安全性をあまり気にする必要はないように思いますが、 私たち人間が日常的に食べている食材や食品の添加物を気にかける今、キャットフードのあり方について考えてみるのも良いかと思います。

日本ではペットフードに関する法律の規制がゆるく、添加物などを表記しなくても問題がありません。海外では規定が厳しく、すべての成分を表示するよう義務づけられています。

食いつきだけで選んではいけない

市販のキャットフードは食いつきを良くし、リピートしてもらって商品の回転率を上げることに重点を置く傾向にあります。 より健康に長生きしてもらうために、安全な食事を与えることを一番に考えたいものです。

もちろん添加物といっても、健康面に問題なく、食品の品質を保つ役割もありますし、さらには無添加にこだわり過ぎて、全く食べてくれないようでは元も子もありません。

キャットフードも相性

相性や好みなども猫それぞれなので、よく様子をみながら考えていく必要があります。

猫は本来、肉食動物で狩りをして小動物などを食べて暮らしてきました。肉食で体を維持することが出来るため、猫にとって動物性たんぱく質で構成する食事も良いでしょう。

まとめ

無添加タイプのキャットフードは、猫の健康を一番に考え、本来必要な栄養素を必要量、摂れるように考えて作られています。 肥満にもなりにくく糖尿病になるなどの病気のリスクも抑えてくれますので、人間の食事と同じように、安心して与えられます。

猫がより良い生活ができるよう、無添加タイプのキャットフードへの変更を考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ピュアラックスのキャットフードは無添加ですので、健康を気遣う飼い主さまに大変おすすめです。

当メディアを運営するピュアラックスは「獣医さんが認める」健康志向のキャットフードを販売しています。
おかげ様で多くの喜びの声をいただいております。お客様の声はこちら ≫

よく読まれている記事

お客様の声

お客様の声