ねこちゃん(猫) 2019.04.27

猫に与えてはいけない食事について

一昔前は、人間の食べ残しなどを与えられていた猫もたくさんいたかとは思いますが、現在は、キャットフードが主流ですね。
今回は、猫の食事について考えてみたいと思います。

猫に必要な栄養素について

ネコ科の動物は肉食性が強いといわれています。 猫が生きていくための栄養素は、肉類に多く含有されています。

その中でもとくに重要な栄養素が、必須アミノ酸タウリンとアルギニンです。 猫はアルギニンが不足すると尿毒症をおこしてしまい、最悪の場合、命を落とすことになります。また、タウリンが不足すると、網膜や心臓などの重要な臓器に大きなダメージを引き起こしてしまいます。

猫の食事とライオンの食事

猫にとって、お肉類を食べることは必要なことですが、同じようにネコ科の野生のライオンは獲物を捕らえた後、まず腹部、内臓を口にします。

獲物は草食や穀物食の動物なので、消化管内に残された、植物性の栄養も摂取します。肉食といえども、様々な栄養素を補給しているということですね。

猫と食物繊維

野菜に含まれる食物繊維が、猫の健康にも役立つため、野菜を直接与えたいと考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、それはちょっと待ってください。猫に与えてはいけない食べ物が存在するのをご存知でしょうか?次に、与えてはいけない野菜についてご紹介します。

猫に与えてはいけない野菜について

ネギ類である、ネギ、玉ねぎ、ニラ、アサツキ、ニンニク、らっきょう等。これらは生でも加熱してあっても絶対に与えてはいけません。

猫がネギを食べると、ネギ中毒になり、ネギの成分が赤血球中のヘモグロビンを破壊し、貧血や呼吸困難を起こします。気をつけましょう。 一昔前は、人間が食べた食事の残りを与えていた家庭もありましたが、現在は、キャットフードがメインの食事になっています。

猫と人間は違う生き物である

猫を可愛いさのあまり、自分が食べているものと同じものを与えたくなる気持ちもわかりますが、猫と人間は、異なる生き物であり、必要とする食事は同じではありません。 人間にとって健康的だと思われている食べものが、猫にとっても良い食べ物だと誤解することがあるかもしれません。気をつけましょう。

まとめ

世の中にはたくさんのキャットフードが販売されていますが、残念ながら、そのすべてが猫にとって害がないとは言い切れません。 猫の身体に良くない添加物が含まれている場合もあります。 すべての添加物が悪いわけではないですが、猫の健康を一番に考えて作られているものがすべてではないという事を覚えておきましょう。

大切な家族の一員である愛猫が、健康で、長生きしてもらうためにも、食事について考えてみてはいかがでしょうか。

お客様の声

お客様の声