ねこちゃん(猫) 2019.06.26

人口保存料(防腐剤入り)キャットフードを避けるべき理由とは?

猫に与えるフードにはさまざまな添加物が含まれています。その中の一つが防腐剤といった人口保存料です。猫の健康を配慮するのであればそれぞれの栄養素や成分がどういった働きをするのか知っておく必要があります。今回は、人口保存料入りのキャットフードはなるべく避けた方がよい理由について説明するとともに、キャットフードの保存方法まで紹介します。

人口保存料について

防腐剤などの人口保存料は微生物が繁殖するのを防ぐだけでなく、食品の味や見栄えを損なわずに保存できます。保存料は確かに必要なもの。しかし、ものによっては猫の体によくない影響を及ぼすこともあるのです。

実際に猫の体に悪いとされる人口保存料を挙げると、防腐剤の一つであるソルビン酸カリウムは大量摂取した場合(摂取許容量を超えている場合)害があるとされています。また、プロピレングリコールも避けるべきと言われています。

なかには人間の食べ物には使用できない酸化防止剤が用いられているキャットフードもあります。誤解をしないでいただきたい点はすべての酸化防止剤が悪いというわけではありません。

保存料が気になるなら天然保存料に着目

人口保存料があまりよくないと聞くと、飼い主の気持ちとしてはできるだけ体によいものを与えてあげたいですよね。人口保存料以外に自然派由来の天然保存料というものがあります。もし、人口保存料が気になるのであれば、キャットフードを選ぶ際に天然保存料を配合しているものに目を向けるとよいでしょう。

キャットフードの保管方法も大切

天然保存料を使っているものでも基本的にペットフードは保存の仕方には気を遣うようにしましょう。できるだけ高温多湿な環境や直射日光が当たる場所を避けるだけでなく、袋の中の空気を抜いてから常温で保管してください。

クリップなどで止めるかたもいますが、ジップロックに入れて保存するのがベストです。それが面倒であればジッパー付きのキャットフードを取り入れると手間がかかりません。より衛生的に管理したいのであれば専用の密閉保管容器を使うのもありです。中を真空状態にする機能を持つ容器もあるので、一度試してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はキャットフードの保存料についてご説明しました。記事を参考にしていただき、キャットフードと猫の健康について考えるきっかけになればと思います。

ピュアラックスのキャットフードには酸化防止剤や防腐剤の働きをしてくれる天然ハーブやビタミンEが配合されています。人口保存料を摂取させることなく食事をさせることができます。愛する猫ちゃんの健康管理にピュアラックスのキャットフードを取り入れてみてはいかがでしょう?

お客様の声

お客様の声