ねこちゃん 2020.05.05

猫にヨーグルトを与えてもいいの?

<p>ヨーグルトといえば人間にとっては腸内環境を整えるのに良い食べ物ですよね。そうすると、猫にもヨーグルトを与えると効果的な気がします。

以前の記事の猫に牛乳を与えてもよいかどうかに関連する話で、ヨーグルトを猫に与えて良いのかという疑問が出てきます。
そこで本記事では、「猫にヨーグルトを与えてもよいのか」というテーマですすめていきます。

猫にヨーグルトを与えても大丈夫?

早速本題に入りますが、結論からして猫にヨーグルトを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えは、ズバリ「与えても問題がない」です。しかし、注意すべきことがありますので、それをこれから説明します。 それは愛猫が「乳糖不耐症」かどうかです。人間もそうですが、猫によっては体質上生乳に含まれる乳糖を分解できず下痢をしてしまうことがあります。 ヨーグルトは生乳を発酵させてできているので乳糖が牛乳よりも少なくなり、下痢にかかる可能性が低くなりますが、微量の乳糖でも分解できないこともあり得ます。

最初にヨーグルトを微量与え、それで問題ない場合は次回以降与えるヨーグルトの量を増やしてもよいかと思いますが、そうでない場合はヨーグルトを与えるのを控えるようにしましょう。 また多くの種類のヨーグルトが市販されていますが、肥満になることを避けるためにも無糖で低カロリーのものを与えることをおすすめします。

ヨーグルトの効果

猫にヨーグルトを与えるとどのような効果が期待できるのでしょうか?以下で詳しく見ていきます。

口腔環境の改善

まずご紹介する期待できる効果として、「口腔環境の改善」です。 愛猫の息がくさいと感じる飼い主さんはいらっしゃいますか?乳酸菌の中には歯周病の原因となる細菌の繁殖を抑制できるものがあり、ヨーグルトを食べることによって口内環境が良くなり、口臭などが改善されます。

免疫力アップ

次にご紹介する効果は「免疫力アップ」です。 免疫力を上げるには腸内環境を整えるのが良いという話を皆さんは聞いたことがありますか?これは実は人間のみならず、猫にも当てはまります。愛猫の免疫力を上げるにもヨーグルトは良いとされています。

まとめ

いかがでしたか?本記事では、「猫にヨーグルトを与えてもよいのか」について解説しました。 愛猫が乳糖不耐症でなければ、ヨーグルトを与えても問題はないでしょう。口腔環境の改善や免疫力向上の目的でヨーグルトを与えることはいいですが、肥満を避けるためにも無糖で低カロリーのものを与えることが大切です。

今回は、猫ちゃんとヨーグルトをテーマに取り上げましたが、ピュアラックスのペットフードには腸内環境を整える乳酸菌を配合しています。(プレバイオティクス&プロバイオティクス)健康を考えていらっしゃる飼い主様は、是非一度ピュアラックスのキャットフードをお試しくださいませ。

【商品紹介】
「獣医さんが認めた」グレイン・グルテンフリーキャットフード ≫