ねこちゃん 2021.02.18

犬と猫を一緒に飼う場合の注意点について

「犬と猫を一緒に飼いたいが仲良くしてくれるだろうか…」
「犬と猫を同時に飼う前に注意しなければならない点を知りたい…」
このような疑問をお持ちの方いらっしゃいませんか?犬も猫も多くの方が家族として迎えいれており、なかには両方を飼っている方もいます。しかし、それぞれ違う動物であるがため、注意しなければならないこともあるのです。

本記事では、犬と猫を一緒に飼う場合の注意点をテーマにお届けしていきます。

犬と猫の特性・習性

犬はもともと集団で群れを成して生活する生き物で、愛情を持って接する人には従い、逆に見ず知らずの人には馴染まないことがあります。よく、玄関のチャイムが鳴ることで吠えてしまう犬もいますが、それは知らない人がやってくる合図として覚えるからです。また、テリトリーを守るという意味合いから吠えると考えられますが、これは人だけでなく他の動物に対しても同じです。知らない猫を迎え入れた場合には、初めは警戒することでしょう。

猫は集団行動の犬とは違い、単独行動を好みます。犬の方が猫に対してしつこくしてしまうと、それがストレスになる可能性があるので、猫がリラックスできる空間を用意してあげましょう。例えば、キャットタワーを用意することで、犬が入れない空間を作ってあげることができます。また、棚の上にクッションを用意してあげても良いでしょう。

犬も猫も両方大切にすること

犬は嫉妬する生き物ですので、新しく迎え入れた家族に対してヤキモチを焼くことがあります。既に犬を飼っていて猫を迎え入れる場合には、新しく家族になった猫の世話ばかりをしてしまうと、不仲の原因になるかもしれません。また、ヤキモチから噛みついてしまうこともあるので、特に子猫である場合には徐々に慣れさせてあげ、もし噛みそうな素振りを見せれば、「駄目」「ストップ」などの言葉で噛まないようにしつけましょう。 これは、飼う順番が逆であっても同じことが言えます。

犬と猫で用意するものは違う

猫のトイレであれば猫砂が必要ですし、犬の場合であればトイレシートが必要です。また、犬であれば散歩に連れていってあげる必要がありますので、ハーネスやリードが必要になるでしょう。それぞれの家族が快適に過ごしてもらうためには、用意するものを同じにするのではなく、もちろん別々に最適なものを用意しましょう。

食事についても、犬と猫では好むものも必要な栄養素も違います。合わない食事は健康を害する原因にもなりますので、お互いの食事を食べないように注意し、時間をずらして与えると良いでしょう。ピュアラックスでは、ワンちゃん用・猫ちゃん用のペットフードを用意していますので、特に栄養を気にしていらっしゃる飼い主様は、ぜひ一度お試しいただければと思います。

まとめ

犬と猫を飼う場合には、喧嘩が起こらないように愛情を両方に注ぎ、快適な環境なども用意してあげましょう。ペットの仲は飼い主次第のところもありますので、食事の時間をずらしてあげたり、喧嘩が起こるのであればしつけをしっかりしてあげましょう。

【商品紹介】
「獣医さんが認めた」グレイン・グルテンフリーキャットフード ≫